ロゴ

先史時代の数々の貴重な遺跡

日本最古の2万年前の住居状遺構も発見

相模川を臨む相模原市は、先史時代の遺跡の宝庫。約3万5000年前の旧石器時代には人が住みつき、相模川流域を中心に多数の土器や石器が発掘されています。当時の人々の営みを想像させる遺構のひとつが「田名向原遺跡」(中央区)。日本では最古の約2万年前(後期旧石器時代)の住居跡です。この地域一帯では、相模川を遡上するサケやアユなどを捕食して暮らしていたのでしょう。ナイフの代わりとなる黒曜石でつくられた石器も発見されています。他にも約5000年前の縄文時代中期の大集落跡「勝坂遺跡」(南区)や、津久井湖上流の史跡「寸沢嵐石器時代遺跡」(緑区)など、都市化が進んだ相模原市ではありますが、状態のよい先史時代の遺跡が残され、先祖の暮らしを肌で感じることができます。

田名向原遺跡
田名向原遺跡

田名向原遺跡の住居状遺構は後期旧石器時代末(約2万年前)のもので、現在わが国最古の例とされる。12カ所の柱穴や2カ所の焚き火跡などが見つかっている。

史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館)
史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館)

史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館)は全国的にも数少ない旧石器時代をテーマにした施設。

相模原市立博物館
相模原市立博物館

相模原市立博物館では相模原の歴史や自然を総合的に学べる。

勝坂遺跡公園
勝坂遺跡公園

周囲に豊かな緑や泉がある史跡勝坂遺跡公園では縄文時代中期の大集落の雰囲気が再現され、「大自然の中の縄文時代」を体感できる。土葺きと笹葺きの竪穴住居2棟が復元されている。

神崎遺跡資料館
神崎遺跡資料館

相模川下流左岸、綾瀬市南西部にある神崎遺跡は弥生時代後期(約1800年前)の環濠集落。南北103m、東西65mの楕円形に深い溝が巡らされ、東海地方からの集団移住を示す発掘もあり国指定史跡に。資料館も建つ。

田名民家資料館
相模田名民家資料館

田名向原遺跡に近い木造民家の資料館。かつて盛んだった生糸生産の様子を保存された養蚕農家からも学べる。飼育道具や生活用品などが展示され、製糸業を支えた現場を知ることができる。

寸沢嵐石器時代遺跡
寸沢嵐石器時代遺跡

国指定の寸沢嵐石器時代遺跡。縄文後期と推定される住居跡だ。津久井湖と相模湖の間に位置する。

川尻石器時代遺跡
川尻石器時代遺跡

川尻石器時代遺跡は津久井湖の下流、相模川流域の河岸段丘にあり、敷石住居の遺構などが見られる。

小原宿本陣
小原宿本陣跡

江戸時代、参勤交代の大名などが宿泊した本陣は神奈川県下に26軒あったが、現在残るのは甲州街道小原宿の本陣のみ。定紋の付いた敷居の高い玄関をくぐると、築200年以上という純日本風の豪壮な本陣内部を見ることができる。

埋蔵文化財センター
神奈川県埋蔵文化財センター

神奈川の考古学の殿堂、埋蔵文化財センター。講座も随時開催。

横浜市歴史博物館
横浜市歴史博物館

大塚・歳勝土遺跡公園に隣接する展示内容も充実した横浜市歴史博物館。

大塚・歳勝土遺跡
大塚・歳勝土遺跡

大塚・歳勝土遺跡は、弥生時代の環濠集落と、近接した方形周溝墓群(墓地)が同時に見学できる貴重な遺跡。

三殿台遺跡
三殿台遺跡

標高約55mの小高い丘の上にある三殿台遺跡。縄文から弥生、古墳時代のムラの跡に住居が復元され臨場感を醸している。

三殿台考古館
三殿台考古館

三殿台遺跡には三殿台考古館が建ち、展示のほかに火おこしや、勾玉、土偶、土器づくりなどの教室も随時開催している。

馬絹古墳
馬絹古墳

矢上川沿いの高台にある馬絹古墳。玄室、前室、前々室からなる規模の大きい横穴式石室を有する。7世紀後半、この地域を治めた有力豪族の墓と考えられている。県指定の史跡。

子母口貝塚
子母口貝塚

多摩丘陵の標高25mほどの台地上にある子母口貝塚。貝類はマガキが約半分を占める。当時、付近は河口の内湾的な状況であったと考えられている。

川崎市市民ミュージアム
川崎市市民ミュージアム

川崎市市民ミュージアムは博物館と美術館の複合文化施設。子母口貝塚や馬絹古墳に関する展示も。博物館展示室は無料。

ふれあい科学館アクアリウムさがみはら
相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら

相模川に関する生物の展示に留まらず、地域の湧水や小川、水田など、川と人のつながりが学べる施設。

JAXA相模原キャンパス
JAXA相模原キャンパス

日本の宇宙科学研究の拠点。人工衛星や解説パネルなどを自由に見学できる。

おすすめコースをチェック
← TOPページへ戻る