ロゴ

日米和親条約と生麦事件

幕末の重要な条約と重大事件の現場となった横浜

ペリーが率いる黒船来航によって日米和親条約が結ばれ、200年以上続いた鎖国体制が終わりを告げました。それから8年後の文久2(1862)年8月21日に事件は起きました。
江戸から京へと向かう薩摩藩主の父・島津久光の行列と、神奈川方面から川崎大師へ乗馬で向かう4人の英国人が生麦村の東海道で鉢合わせ。乗馬の4人は行列に接触してしまうのです。結果、抜刀した薩摩藩士により英国人1名が死亡、2人が重傷という事態が起きてしまったのです。
薩摩藩側とすれば、これはいわゆる「無礼討ち」。あくまで非ハ英国人二有リ、の立場でした。しかし列強国イギリスはそうは考えません。事件は賠償問題から鹿児島湾で大砲を交える薩英戦争にまで発展していくのです。
戦争は勝敗が曖昧なまま終わりますが、西洋の力を見せつられた薩摩藩は結局賠償金を支払います。その額は今の30億円とも。薩摩藩が同様に西洋の力を思い知った長州藩と手を結び明治の扉をついに開いたのは、事件から5年後のことだったのです。

開港記念広場
開港記念広場
開港記念広場

大さん橋に臨む開港記念広場。市民憩いの場だが、いくつかの遺構も展示されるまさに歴史的スポット。日米交流150周年の際には記念樹も植えられた。

横浜開港資料館
横浜開港資料館

横浜開港資料館は25万点を超える文書記録や新聞雑誌、浮世絵などの資料を保管。随時企画展も開催している。

開港記念広場

横浜開港資料館中庭の「たまくすの木」。慶応2(1866)年の居留地の大火や関東大震災で大半が焼けたものの芽を息吹かせ、現在の地に移植し育ち続ける。

Au jardin de Perry
Au jardin de Perry

店名のオー・ジャルダン・ドゥ・ペリーはフランス語で「ペリーの庭」という意味。横浜開港資料館の喫茶室にふさわしい名前。香り高いコーヒーやフランス直輸入のワインなどとともに、食事や各種スイーツがいただける。

神奈川運上所跡の碑
神奈川運上所跡の碑

神奈川県庁本庁舎敷地内にある、神奈川運上所跡の碑。運上とは税金の事で、現在の税関業務や外交業務を行った。明治5(1872)年に横浜税関に改められ、いまに至る。

神奈川台場跡
神奈川台場跡

万延元(1860)年、船舶の監視用に神奈川台場が築造された。勝海舟が設計し、伊予松山藩がつくった海防砲台は東西の幅が200m以上、約2万6000平米(約8000坪)だった。海に突き出た扇形の台場で1年以上の歳月をかけてつくられた。現在、一部が公園として整備されパネルなども設置されている。

神奈川台場跡
生麦事件碑・案内板
生麦事件碑・案内板

明治16(1883)年に鶴見の黒川荘三が英国人の死を悼み、事件の風化を防ぐため生麦事件碑を建立。毎年、事件のあった8月21日には記念祭が。

道念稲荷神社
道念稲荷神社

生麦事件発生現場近くに鎮座する道念稲荷神社。毎年6月第1日曜日に行われる「蛇も蚊も」祭りは300年の歴史を誇り、横浜市無形民俗文化財に指定。

生麦事件参考館
生麦事件参考館

生麦事件参考館は生麦事件に関する国内外の多数の資料を展示する私設資料館。館長の淺海武夫氏が解説してくれるので事前の連絡が必要【電話】045-503-3710

味童天金
味童天金

旧東海道の魚河岸通りにある料理店。名物のアナゴをはじめ、主人が目利きした上質な地魚が、天ぷらや刺身などでいただける。生麦は漁村だったところだが、主人の先祖も代々ここに暮し、江戸時代の記録にも残るそう。JR鶴見線・国道駅から徒歩約1分。

国道駅(JR鶴見線)
国道駅(JR鶴見線)

昭和5(1930)年に開設され、昭和初期の雰囲気をいまなお残すレトロな無人駅。第一京浜国道を跨いでいることからこの駅名に。駅舎はアールヌーボー風の趣ある建物で、開業当時は多様な店が立ち並び、多くの客で賑わったという。

本覚寺
本覚寺

横浜開港の3日後に、米領事館として接収された本覚寺。日本で初めてペンキが塗られた寺としても知られる。生麦事件で負傷したマーシャルとクラークの二人はこの寺に逃げ込み、アメリカ人医師のヘボン博士から手当てを受けたという。

神奈川県立歴史博物館
神奈川県立歴史博物館

ドームは関東大震災で焼け、昭和39(1964)年に復元された。

キリンビール横浜工場
キリンビール横浜工場

工場見学が幅広い世代に人気。ビールのこだわりに迫るツアーだけでなく、広大なビオトープを巡るツアーも。ビールづくり体験教室ではオジリナルビールをつくることができる。ネットで申し込むと便利。

港の見える丘公園
港の見える丘公園

横浜港を望む絶景ポイント。外国人居留地だったところで、生麦事件で死亡したリチャードソンも眠る。平成28(2016)年、いままでバラ園だったエリアは「イングリッシュローズの庭」としてリニューアルした。

おすすめコースをチェック
← TOPページへ戻る